磁粉探傷装置磁粉探傷|電子磁気工業

PRODUCTS

磁粉探傷装置

磁粉探傷

磁粉探傷装置

デジタルデータ処理により最新テクノロジーは人の目にここまで近づきました。

型番:画像処理式自動磁粉探傷装置

お気軽にお問い合わせください。

この製品のお問い合わせ

特徴

1.磁化方式は複数交番磁化法で、全方向の欠陥を一度の磁化動作で検出できます。

2.検査物の形状で、磁化方法や搬送機構は個別対応となります。

3.磁粉濃度管理装置をシステムに組み込むことにより、
 磁粉の濃度管理や補充など面倒な作業から作業者を解放します。

4.高感度 CCDカメラを搭載し、最新型の画像処理ソフトとの組合わせで、
 高速リアルタイム検査が可能になりました。

使い方

仕様

1.画像処理装置

OS Windows 10PCベース)
モニタ 1366×768以上
カメラ接続 1~4台
画像処理内容 マスキング、欠陥判定、長さ表示

2.画像入力部

カメラ 高感度3CCDカメラ(640×480画素)
レンズ Cマウントレンズ

3.光源

名称 紫外線探傷灯 紫外線LED
点灯方式 高周波点灯方式 パルス点灯方式
中心波長 365nm 365nm

4.検査液タンク

タンク容量 150L(打合決定)
撹拌方式 ポンプモータによる循環式

5.磁化方式

方式 複数交番磁化法
磁化電源 定電流制御
磁化電流 AC、DC、100A~3,000A
電流設定 プリセット式

6.検査液管理

方式 自動磁粉供給機構付濃度管理

ソフト画面                        定電流ユニット

ソフト画面     

■磁粉探傷用定電流ユニット

既存磁化電源装置への組込み可能

磁粉探傷装置に組込んで使用可能

特長

1. ソフトスタート回路採用によりスパーク抑制

2. 電流設定は100メモリ

3. 直流、交流、磁化、脱磁出力対応

4. DC出力時の極性表示(NS表示)

5. NSバランス機能搭載により外部磁界の影響を低減

6. デジタル簡単設定

※組み込んだ装置はP17(航空機部品用磁粉探傷装置)に掲載