非破壊検査の目的や種類について

EXAMINATION

非破壊検査

対象物を破壊することなく
調べる検査

非破壊検査とは、検査対象物を破壊したり傷をつけたりすることなく、表面の傷や劣化の状態などを調べる技術のことを言います。

故障や破損によるトラブルを未然に防ぐため、さまざまな工業製品や構造物に非破壊検査の技術が役立てられています。

EXAMINATION

安心と品質を守る非破壊検査

あまり聞き慣れない非破壊検査ですが、
私たちの生活の身近なところで、安心・安全な暮らしや製品の品質を守るために活用されています。

  • 輸送機器

    自動車、電車、航空機などの輸送機器に欠陥や重大な劣化があれば、命にかかわるトラブルにもつながりかねません。そこで未然にトラブルを防ぐために、部品製造時の検査や定期メンテナンスに非破壊検査技術が用いられています。
    例えば、自動車の「重要保安部品」と呼ばれる基本性能に関わるエンジン回り・足回りの部品の検査や、鉄道の車軸や輪軸、レールなどの定期メンテナンスを支えているのも非破壊検査。そして国内トップクラスのシェアを誇るのが電子磁気工業です。
    他にも、航空機製造や宇宙開発分野、アミューズメントパークのアトラクションの保守・メンテナンスにも、電子磁気工業の非破壊検査技術が役立てられています。

  • 設備・構造物

    プラント設備、橋梁などの各種設備や構造物も、劣化を見逃せば大事故につながりかねないもの。対象物を壊すことなく劣化・寿命を評価する際にも非破壊検査が役立ちます。
    さまざまな素材が用いられているだけでなく、高所・地中・水中など検査対象物の場所も多種多様。そのため、検査用途に応じてさまざまな非破壊検査の手法が開発されています。

非破壊検査の種類

  • 磁粉探傷試験
    (MT)

    • 箇所:表面・表層
    • 対象物:強磁性材料
    • 特徴:検査工程が少なく感度に優れる
  • 渦電流探傷試験
    (ET)

    • 箇所:表面
    • 対象物:導電性材料
    • 特徴:前処理が不要で自動化しやすい
  • 浸透探傷試験
    (PT)

    • 箇所:表面
    • 対象物:
      金属・非金属
    • 特徴:
      多様な材料に適用できるが工程数が多い
  • 超音波探傷試験
    (UT)

    • 箇所:内部
    • 対象物:
      金属・非金属
    • 特徴:
      大型鍛鋼品の内部検査が可能
  • 放射線透過試験
    (RT)

    • 箇所:内部
    • 対象物:
      金属・非金属
    • 特徴:
      安全管理が必要だが広範囲に適用可能

MT:magnetic testing

磁粉探傷試験

磁粉探傷試験(磁気探傷試験)は、「漏洩磁束」現象を用いて表面・表層きずを検知する検査方法です。検査対象物は強磁性材料(磁石に吸着する材料)の鉄・コバルト・ニッケルなどに限られますが、検査工程が少なく感度に優れる特徴から機械部品や鉄鋼材料、溶接部などの検査に広く活用されています。
電子磁気工業は磁気応用分野のリーディングカンパニーとして、磁粉探傷機器では国内トップクラスのシェアを誇ります。

くわしく⾒る

ET:eddy current testing

渦電流探傷試験

電磁誘導を利用した非破壊検査試験の一種で、コイルを検査対象物に近づけ、磁界の作用でできた渦電流によって表面きずの検出を行う検査方法。検査対象物は導電性材料に限られます。
前処理が不要なため自動化しやすい点が大きなメリットで、自動車部品などの大量生産ラインに適した検査方法となっています。

くわしく⾒る

PT:penetrant testing

浸透探傷試験

浸透探傷は毛細管現象を利用し、検査対象物の表面に開口したきずを検査する方法です。
浸透液を染み込ませた後、表面を洗浄し、さらに現像剤を塗布。きずがあれば指示模様として現れます。金属・非金属を問わず利用が可能です。

電子磁気工業は、表面探傷のエキスパート。国内トップクラスの実績がございます。
非破壊検査でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。