English 簡体中文 繁體中文 한국어 Bahasa Indonesia ภาษาไทย

非破壊検査・着磁・脱磁・磁気計測なら電子磁気工業にお任せください!

技術紹介 Solutions

非破壊検査

非破壊検査とは、対象物を壊すことなく機械部品や構造物の内部や表面のキズ、或いは劣化の状況を調べる検査です。

磁粉探傷

品質保証には欠かせない探傷方法です。 先人たちの技術に最新テクノロジーをプラスし、安全性と使い易さを両立させたラインナップを取り揃えております。

渦電流探傷

導電性材料の試験体に誘起される渦電流がヒビなどによって変化する性質を利用した検査方法です。

画像処理

3CCDカメラを用いて撮像したカラー画像データから、傷を認知し合否判定を行います。 さらにLEDブラックライトのパルスモードと3CCDカメラを同期させ撮像することによって、より高精度な傷の検出が可能になります。※特許出願中

 

画像・条件データの閲覧・記録・印刷はもちろん、テストモードでパラメータの変更や検査対象ワークの形状や材質等の変化にも対応可能。

LEDブラックライト

消費電力は従来の約1/7。紫外線波長365nmのLEDを採用し、最大中心強度はおよそ13mW/cm2なので、小さな傷にも対応。 また、パルスモードを搭載し、画像処理式磁粉探傷の最適化を行います。

磁粉

精密検査から粗材検査まで汎用性を有しています。高輝度タイプの顔料を使用し、発色も目に優しい若草色を採用。 従来の純鉄に加え、環境に配慮した酸化鉄の磁粉をラインアップに加えました。

濃度管理

磁粉濃度を管理することで、磁粉供給の過不足を防ぎ、確かな傷検出が行えます。 磁粉濃度計【MPS-50T】は、沈殿計で30分以上かかっていた濃度管理が数十秒で行え、液中に入り込んだゴミや剥離した塗料等はカウントしないため、本来の磁粉濃度管理が行えます。